読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏バテ注意

健康法

夏の暑さや梅雨のどんよりとした曇り空を行ったり来たりするようなお天気ですが、梅雨が明けると一気に気温が高くなり身体が暑さに慣れていないので熱中症をおこしやすいそうです。

 

梅雨明け宣言がそろそろされそうなので皆さまお気をつけてお過ごしください。

 

しかし、夏の暑さにやられて熱中症だけではなく、夏バテになってしまう方もいるのではないでしょうか。

 

暑いからと冷たい飲み物を飲みすぎて胃腸の負担となる食欲不振やクーラーでキンキンに冷やした部屋で日中過ごすと自律神経が失調してしまい、身体の怠さ、イライラ、熱っぽいなどのような症状が出てしまいます。

 

夏バテ防止のためには、バランスの取れた食事で特にビタミンB1の摂取を心がける

。ビタミンB1は豚肉、豆腐や鮭に多く含まれているそうです。

 

また、夏の暑さで失いがちな水分をしっかりと補給することが大切です。あまり冷やすぎてしまうと逆効果なので、注意が必要です。夏はサイダーなどの炭酸飲料の摂取もしたくなりますが、糖分を過多に摂ってしまいがちですのでほどほどが大切です。

 

睡眠も大切です。身体を休めるには睡眠が必要ですが、クーラーや扇風機の風が一晩中体にあたってしまうと身体の体温を保とう身体が頑張ってしまうので休めずに次の日なんとなく身体がだるいということになってしまいます。夏風邪の原因にもなるので、寝るときには自分の身体に風が当たらないように設定をしてください。

 

夏はただでさえ暑さで疲れやすく、活動できる時間も冬よりも長くてついついいつもより遊んでしまうなどのことをしがちですが疲れた身体でいると一気に夏バテとなってしまうのでお気をつけてお過ごしください。

 

もしも長引くような体の怠さを感じるようでしたら、夏バテだけではないかもしれません。ぜひともお近くの病院にご相談なさってみてください。

 

麻布十番メンタルケアクリニック

http://www.azabu-mentalcare.jp