読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

概日リズム睡眠障害

症状

次の日がお休みだと、つい夜更かししてしまうことってありますよね。

しかし、昼夜逆転のような生活が長く続くと、体内時計がうまく調節できず、思い通りの入眠・覚醒が困難になってしまうことがあります。

 

「概日リズム睡眠障害」とは、体内時計と生活リズムが合わないために生じる睡眠障害です。

不眠か、あるいは日中の強い眠気がみられ、日常生活に支障をきたします。抑うつ感や倦怠感、作業能率の低下などがみられることもあります。

 概日リズムは、時差ぼけや、不規則な交代勤務など、睡眠スケジュールが頻繁に変わると症状が悪化します。

 

体内時計のズレが見られる場合は、正しい睡眠時間を身に付けることが大切です。

望ましい起床時間に、太陽の光を浴びることによって、本来の体内のリズムを取り戻しましょう。

 

お心当たりがあるようでしたら、一度、精神科などの医療機関を受診してみてはいかがでしょうか。

 

麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/