読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パニック症状

症状

ふと街を見てみるとダウンコートを着ている人が多くなりましたね。秋が過ぎ去るのが早すぎるような気がします。

 

本日はパニック症状についてご紹介したいと思います。

 

電車に乗ると動機が激しくなったり、息苦しくなったり、身体の震えが起きたり、緊張して汗をたくさんかいてしまったり、このまま死んでしまうのではないかと恐怖に襲われるといった症状はありませんか?

 

このような症状は電車などの公共交通機関だけでなく、例えば人混みにいる時、エレベーターなどの狭い個室の中にいる時、一人でいる時などに見舞われる場合もあります。

 

このような症状はその時は何とか我慢出来てしまうこともあるのですが、日々生活する中で触れる事柄に対してこのような状態が続くとかなりの負担が予想されます。場合によっては症状が広がって外出自体が怖くなってしまうということもあります。

 

パニック症状と言われるこれらの症状は、ある日突然起こってきます。多くの場合、どうして突然そのような症状が起こってしまったのか分からず、どう対処してよいか分からないものです。

 

これらの症状は、薬物療法やカウンセリングなどの治療によって改善することができます。

 

もしお心当たりのある方がいらっしゃいましたら、あまり我慢せず、お近くの精神科、心療内科などにご相談ください。

 

港区 麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/