読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お薬の副作用について

本日は、精神科で処方されているお薬の副作用について、一部ですがご紹介しようと思います。

 

抗精神病薬の副作用で、代表的なものは以下のとおりです。

・日中の眠気

・めまい

・口の渇き

・便秘/排尿障害

・性機能の低下

・体重増加

 

向精神薬を飲まれている女性の方では、生理が止まったり、乳房が張ってきたりすることがあります。

婦人科を受診することももちろんですが、かかっている精神科・心療内科の主治医に伝えることも大切です。

男性では、陰茎の勃起不能(インポテンツ)が起こる場合があります。

同様に、泌尿器科への受診だけでなく、かかっている精神科・心療内科の主治医に伝えてみてください。

 

副作用に悩まれている方は、必ず担当医に相談しましょう。

副作用があるからと言って、自己判断でお薬を中断してしまうことは、症状をさらに深めてしまうことがあります。

副作用を正しく理解することが、お薬とじょうずに付き合う上で大切になってきます。

 

気になることがありましたら、主治医に相談するようにしてください。

当院でも、ご相談を承っております。

 

港区 麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/