読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅雨時の心と身体

7月が始まって最初の土曜日、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

麻布十番はあいにくの雨ですが、雨の日が続くと、なんとなく気分が憂うつになりがちですね。身体はだるいし、頭はぼんやり…

うつ状態に影響を与える脳内神経伝達物質セロトニン」は、太陽の光を浴びることで分泌が促されますが、日照時間が少なくなる梅雨などでは、不足しがちになります。

そうして、不眠やうつ状態を引き起こやすいと考えられています。

 

そのため、定期的に自己チェックすることが大切です。

 

□ 一ヶ月以上、憂うつな気分や、沈んだ気持ちが続いている

□ 一ヶ月以上、何事にも興味がわかない、いつも楽しめていたことが楽しめない

 

一つでも当てはまる場合は、お早めに医師にご相談ください。

 

他にも、

□ 食欲が減った(あるいは増えた)

□ 体重が減った(あるいは増えた)

□ 寝付きがわるい、途中で目が覚める、早朝目が覚める、二度寝が出来ない、寝過ぎるなど、睡眠に問題がある

□ 集中したり、決断することが難しい

□ 生きていたくないと思う

などが続いており、日常生活に支障をきたしている場合は、お早めに病院を受診しましょう。

当院でもご相談を承っております。

 

スタッフの永井でした。すてきな週末をお過ごしください。

 

港区 麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/