読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜の季節に寄せて

みなさまこんにちは。いよいよ桜が満開を迎え、通勤や通学、そして新たな生活に彩りを添えてくれていますね。

 

明日からはまたお天気が崩れ、風も強まるためお花見を楽しめるは今日が最後になるかもしれないと、朝のニュースで聞きました。

 

 

やっと満開になったというところなのに・・・と何とも切ない気持ちになりました。

しかし一方で、短い間の美しさだからこそまだかまだかと待ち望み、「きれいだな」と眺められるのかもしれませんね。

 

それは、私たちの人生にも例えられるかもしれない、なんて考えてみました。

 

いいことや楽しいことというのは、永遠には続きません。とても幸せな時間も、必ず何らかの形で終わり来てしまいます。それであるからこそ、あとで思い返して「あの時は良かったなぁ」と大切な思い出としてとっておけますよね。

 

今この瞬間を生きつつも、綺麗なものを大切に胸にしまっておけると、振り返った時に豊かな人生だと思えるのかもしれません。

 

スタッフの西山でした。

 

 

 港区 麻布十番メンタルケアクリニック
http://azabu-mentalcare.jp/