読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喉が痛くなってきたら…

麻布十番メンタルケアクリニックのブログをご覧のみなさま、こんちには。

きょうは少し寒さも和らいで、お出かけしやすい陽気になりましたね。

あしたも、都内は14度くらいまであがるそうです。

 

それでも、まだまだ夜は冷え込みますね。

寒さを和らげるために暖房をつけていますと、乾燥して、なんだか喉が痛い…。

 

我が家では、小さい頃から、喉が痛くなったり、風邪をひいたかも?と思った時には、「はちみつ大根」を飲むのが習慣でした。

「はちみつ大根」とは、切った大根をはちみつ漬けにするだけ。これを、お湯で割って飲みます。

そうすると、不思議と、次の日には喉の痛みが気にならなくなります。

 

おばあちゃんの知恵…とはされていますが、はちみつも大根も、身体に良い食べ物ですから、特に風邪をひきやすいこの季節は積極的に摂取していきたいですね♪

 

港区 麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/

切り替え行動

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、日中は暖かくなりましたね。空気も、冬のキーンとした冷たさがやわらぎ、春のような柔らかさが感じられました。

 

みなさまは、なにか嫌なことがあった時に思い悩む方でしょうか?

考え始めるとなかなか止まらないですよね。「もうやめよう」と思っていても、そうならないことが多いのではないかと思います。

 

そこでオススメなのは、なにか行動をすることです。

ぐるぐると考えたままで、テレビを観る、料理をする、ネットサーフィンをする・・・なんでも良いので、そして短時間でも良いので、意識を向けて集中できるようなことをやってみてください。

 

そうしているうちに、いつの間にかぐるぐるとしていたものが遠くにいって、忘れていたりします。まだ頭の中にあったとしても、少なくとも別のものに集中している間は考え込まずにすみます。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

スタッフの西山でした。

 

 

港区 麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/

きのうは「大寒」でしたね

きのうは、1年で1番寒い日、「大寒」。都内でも粉雪が舞ったところもあったようですね。

きょうの麻布十番は、日差しの眩しい晴天。ですが、やはり風が冷たいですね。

当院では、院内を温かくしてみなさまの来院をお待ちしております。

 

f:id:AJMC:20170121135119j:plain 

 

入居していたビルが火災になるという、思わぬ出来事から、一ヶ月近くが経ちました。

ビルのエレベーターや階段等、設備に関しまして、みなさまに大変なご迷惑をおかけしております。

院内は、徐々にではありますが、以前のような様子を取り戻しつつあります。

 

今後も、みなさまが安心して通われることが出来るクリニックを、院長、スタッフ一同目指してまいります。

何卒、麻布十番メンタルケアクリニックをよろしくお願いいたします。

 

港区 麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/

冬本番

日に日に寒さが厳しくなってまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

寒さは身体に堪えますが、冬の晴天は、澄み切った空気でキレイに映えますね。

遠くの景色まで鮮やかにくっきりと見ることができます。

夜の星や月もより輝いて見えます。

とてもキレイなので、帰り道はよく空を見上げて歩いています。

 

寒いと身体が縮こまり、日も短く気分がふさぎ込みがちになりますが、天気の良い日は暖かくして冬の空気を味わってみるのも良いかもしれません。

陽の光も一緒に浴びて、エネルギーを取り込み明るい気持ちを引き出しましょう。

 

それでは、また。

 

スタッフの西山でした。

 

港区 麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/

明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

当クリニックは、おかげさまで、2016年12月に開院3周年を迎えましたが、それからほどなくして、入居していたビルが火災になるという、思わぬ出来事に見舞われました。

 

しかしながら、当クリニックのフロアが焼失をまぬがれ、最初は電気も通らない状態ではありましたが、火災による休診もなく、診察を続けられたことは、本当に奇跡で、ありがたいことです。

 

2017年に年がかわったのを機に、また気持ちも新たに再スタートしたいと思います。

 

1月半ばには、絨毯を張り替える予定ですので、火災の影響による匂いも、改善すると思います。どうぞご安心くださいませ。

 

末筆になりますが、新年を迎えるにあたり、皆様のご多幸と益々のご発展をお祈りいたします。

 

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

私の中の女神様

冷たい空気で凍えそうな夜。

火災から今日まで、患者様の診療を休むことなく続けられたことは、奇跡のように思います。


煤で真っ黒になった階段をおそるおそるいらして下さった患者様、皆様方に、私の心がどれほど救われ、支えられ、心強くいられたことか、今も感謝で胸がつまります。

突然起こる苦難は、起こせるものではありません。必然であり、未来からみれば、全ての始まりであったと、きっとそう思える日がくるはず、そう信じ、望みをもち続ける大切さを、女神様は教えてくれました。

難が有るとは、有り難いこと
言葉には、深い意味があるのですね。

悲しみ、苦しみの先にあるものは見えないけれど、暗闇ではなく、たった一粒の光であっても、前に進むだけ大きくなる

山あり谷あり
息継ぎをしながら
周りの景色を楽しんで

女神様の言葉で、今までと違った景色を見ることができました。

心を込めて

本日から、診療を再開します。
患者様にはご心配とご不便をおかけし、心よりお詫び申し上げます。

3階に登る階段の壁が煙により黒くなっていますので、お越しになる際は、汚れないように気を付けて下さい。

このような状況ではありますが、これまで以上に誠心誠意、心を込めて診療に当たりますので、どうか宜しくお願いします。

スタッフ一同、一生懸命頑張ります。

患者様の心が明るい光に包まれるようにお祈りしております。