読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ストレスに対処する(コーピング)

わたしたちは、生きている中でさまざまなストレスに出会います。

でも、ストレスをそのままにしておけば、うつ病心身症など、心の病気にかかってしまうこともあります。

 

そうならないための対処行動、あるいは、そうなってしまった時に解消するための対処行動を「コーピング」と言います。

この時、ストレスとなっているもの自体をどうにかしようとする方法(問題焦点型コーピング)と、ストレスによって生じる苦痛をどうにかしようとする方法(情動焦点型コーピング)があります。

 

今回は、ストレスを感じた時の対処法をご紹介します。

・ゆっくり休養をとる

心身の疲労を感じた時は、無理せず、十分な休養をとることが大切です。

・楽しみを持つ

仕事や家事など、日常生活から離れて、趣味や時間を楽しめる時間を持ちましょう。

・リラクゼーションを取り入れる

リラクゼーションの技法を習得し、自律神経系を整えることで、不安や緊張を緩和してくれます。

中でも「呼吸法」は簡単に出来ます。

 

呼吸法

(1)座った状態か立った状態で、姿勢を伸ばします。

(2)口からゆっくり息を吐き、おへその下をへこませます。

(3)次に、鼻から空気を吸い、おへその下のほうに空気が入っていく感覚を持ちます。

 

コーピングは、自分に合った方法をいくつか持っておくと良いとされています。

また、気分の落ち込みがある、体調が優れない場合は、お早めに医療機関を受診することもコーピングになります。

当院でもご相談を承っておりますので、お問い合わせください。

 

港区 麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/