読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お盆を迎えて

みなさま、こんにちは。

お盆を故郷で過ごされている方も少なくないかと思います。

 

お盆は、正式には「盂蘭盆」と言い、ご先祖様の霊があの世から戻ってきて、また帰っていくという、日本の伝統的な行事ですね。

ご先祖様が残してくれたもの、そしてこれから自分たちが後世に残していくもの。

ご先祖様を迎え、そして送り出すお盆だからこそ、考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

 

発達心理学者のエリクソンは、40代から60代の人が獲得すべき発達課題として「生殖性(generativity)」をあげています。

それまでの人生の中で得た知識・技術を、自分の子どもや、若い世代へ伝えていくということです。

 

実際に後世に何かを伝えていくというのは、職人さんが、弟子に技術を伝えていく…といったことだけではありませんよね。

自分が、どのような時代を、どのようにして生きてきたのか、何を考え、何を感じてきたのか。

私たちが残せるものは、自分自身の歩んできた人生を伝えることなのかもしれません。

 

 

港区 麻布十番メンタルケアクリニック

http://azabu-mentalcare.jp/